フロリネフは副腎皮質の機能が低下する「アジソン病」に処方されるステロイド薬です。
個人輸入で購入する場合は事前に必ず獣医からの使用指示を受けて下さい!



犬のアジソン病とは


アジソン病は人間だけではなく犬や猫にも発症する可能性がある病気です。特に犬は発症率が高く、中でも4歳前後のメスに患うケースが多いとされています。

アジソン病は副腎皮質の機能が低下することで起こります。副腎皮質の働きが悪くなることでコルチゾールやアルドステロンなどのホルモンの分泌が減少します。

これら副腎からのホルモン分泌が足りなくなると、食欲不振や下痢・嘔吐、元気がなくなったり、多飲多尿の症状が現れます。脱水症状を起こし、体重が落ちていきます。一時的に元気になったりを繰り返すため、発見が遅れるケースが多いのも特徴です。

そのため、アジソン病の治療では、足りなくなったホルモンを外部からフロリネフなどのステロイドホルモンを投与することで補います。

早期の発見・治療が遅れると慢性の症状が繰り返す中で副腎皮質が徐々に破壊されていき、激しい症状が現れた時には末期の状態になっていることもあります。

また、アジソン病には慢性型と急性型があります。 慢性型の症状としては、食欲不振や下痢・嘔吐、体重の減少などの症状が見られるのが特徴です。急性型の症状としては、転倒やふらつきなどが増え、ショック状態に陥り失神してしまうこともあります。

急性の場合は、慢性型の症状に加え、急激なストレスを感じた時に発症しやすく、急死してしまうこともあるため、早急な治療が必要となります。

フロリネフの詳細はコチラ


フロリネフ(Florinef)0.1mg

↑ PAGE TOP